スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Japanese Curry Awards 初のリアルイベント『カレー寺』!


Japanese Curry Awards初のリアルイベント、その名も「カレー寺」。
カレー寺としてブレークしつつある、池上本妙院(のりさんち〜!)で開催しました!

記念すべき第一回目のイベントは、

☆JCA第一回新人賞受賞
飲めるスパイス酒場といえば!の、「Spice BAR 猫六」芳谷シェフ、

☆浅草のディープな地下街で間借り営業で大行列、大フィーバーを巻き起こし、
まもなく千歳船橋で実店舗を構える「Kalpasi(カルパシ)」黒澤シェフ、

☆なんだかとにかくすごいすごいと伝説化している「和魂印才たんどーる」塚本シェフ

の3人をお迎えしての贅沢で華やかなイベント。
決まった時から当日が待ち遠しくてしかたありませんでした。

今回の食材テーマはスパイス料理と相性のよい鰹と蜂蜜とニンニク。
JCAのほうでコラボ先の生産者を検討させていただき、

高知 土佐節「浜吉ヤ」さん、
青森田子 白・黒ニンニク 種子さん、
鎌倉 日本ミツバチ蜂蜜 飯倉 剛さん
にご協力いただきました♪


わたしは運営スタッフなので裏側もお見せしちゃいます。
今回シェフ3人とも、お店で仕込んだものを持ってきて、現地で仕上げをするというかたちを取りました。
JCAのスタッフ3人がそれぞれのシェフを車でお迎えに行くというJCA的歓迎送迎スタイルです。
わたくしは浅草近辺に詳しいので、猫六さんをお迎えにあがったのですが、店の前の道が狭いのを知っていたので
お店に近づくにつれワクワクパニック状態になりました。
芳谷さんが、そんなに狭くないよと言っていたのですが、「これを狭いと言うんですよ〜!!!」w

泣きました笑

泣きじゃくったあとは、1時間ほどのドライブを楽しみました♪

芳谷さんからいろいろと話が聞けてそれはそれは貴重な時間でした。


カレー寺に到着。

既に完璧に準備がされていてびっくり!!!!!

100人のイベント(50人×2回)なのに、きちんと座れるスタイルかい!笑
ま、まさかこんな素敵な場所でイベントができるなんてありがたい。。。。

という感じで、ほとんど綿密な打ち合わせってしてないんです。

舞台裏キッチン。
和気あいあいな雰囲気でしたが、時折見せるお三方の真剣な表情に鳥肌もんでした。
※塚本さんがニヤッとしてる写真になってしまいましたが、そ、そういうんじゃないですw&汗

受付開始10分前にはメンバー全員集まってプチオープニングセレモニー。
ワインで乾杯しちゃったり♪

お料理はこんな感じでした。

・「和魂印才たんどーる」塚本シェフ
 大豆とコンニャクの冷やし和ッサムカレー ~蜂蜜・ニンニク・鰹出汁仕立て~
 白にんにく・鰹節・蜂蜜の海苔佃煮風

・「猫六」芳谷シェフ
 生利のプットゥ
 黒ニンニク包みコフタ ~ヨーグルトソース~
 蜂蜜ジンジャーチャイ

・「カルパシ」黒澤シェフ
 黒にんにくと黒酢のポークビンダルー
 白にんにくと豆もやしのスリランカンアッチャール

わたしがこれを食べれたのは、2回目イベント終了後。
全員分ちゃんと配膳できて安心したあとのこのプレートだ。
涙しながら食べましたよ。
足りなくならないかずっとカレー鍋を睨んでいました笑

今回すごいなと思ったのが、シェフお三方も特に打ち合わせしていないにも関わらず、
バランス良すぎるプレートが完成したことです。
カレーにしても付け合せのサブジにしても、どれを取っても主張しすぎない、邪魔をしない見事な調和なのです。
当日のメニューを見てバランスを見て若干修正をかけた芳谷さんの話は車の中でちらっと聞きましたが、
お三方とも打ち合わせなくても食材や提供する環境に合わせて考案したメニューが素晴らしくて感動してしましました。

今回は、本堂を使わせていただきトークショーも開催しました。
左から
のりさん、水野さん、芳谷さん、塚本さん、黒澤さん、カレー細胞さん。
わたくしはスタッフーなのであまり話は聞けませんでしたが、この見事な本堂でのトークショーが
大好評だったようです。
こんな機会はなかなかありませんからね〜


イベント終了後記念撮影。
住職ののりさん。
池上本妙院ののりさんというか「カレー寺」ののりさん笑

シェフお三方の大勝軒。

たんどーるTシャツがかっこよすぎましたね!

影の功労者の奥さま方がほんとにほんとに明るくてステキでした〜!!!

ふわっとした打ち合わせのまま当日を迎え、なんとなく盛り上がってしまいましたが、

*わたくしのにんにくの手配ミスで前日19時までカルパシさんに黒にんにくが届かない
→わたくしネットで黒ニンニクが手に入るところ調べ高額な価格にガタブル
→19:30までオープンしている飯田橋の青森アンテナショップに走るが途中届いた連絡がくる〜

*当日水野さんが20合炊きのジャーを忘れて取りに帰る〜

*プロジェクター担当しまじ○さんwになぜかググってるところばかりが映し出されてる〜w

などのドキドキワクワクハプニングがあったことは内緒ッ!

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。