スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密のバー


まだ記憶がある19時すぎ。
わたしが洋酒が好きだからと、いきつけのバーにご案内いただいた。
高田馬場のとあるバー。
先客はいなかった。

なにを話したかは忘れてしまったが、
選んでいただいたウイスキーを眺めながら、わたしは自分の世界に身を置いていた。

バーはなぜ男性を普段より素敵に見せてしまうのだろうか。
お酒の知識も、頼み方も、座り方もスマートだったし。
誰でもじゃないな。
気がつくとお店は満席状態に。
カウンター席にいる我々は、少しずつ詰めて座るようお願いされた。
椅子の距離が近くなり少々恥ずかしかったが。
(あーやっぱりバーっていいな、いいなー!)
心の中では結構はしゃいでいた。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。