スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトナのデート

最寄り駅についたのは、待ち合わせ時間の15分前だった。うっかり店名しか伝えていなかったことを思い出し、慌ててメッセージ。
ぎりぎりのお知らせにもかかわらず、『ナイス!』と褒められた。
期待されていないって楽だな。
お気に入りのBARに向かう足取りは、とても軽かった。

高円寺
BAR私

カウンターは7席程度。2階はまだ上がったことはないが、個室があるらしい。

この日、マスターの森本さんが居た。
2階、みんな行きたがらないだろうな笑
現に、2階を案内したら帰ってしまったお客さんがいた。

この日はすっきりしたカクテルから。
少しすると、待ち合わせの相手が現れた。荷物の心配をする私に、『今日はコロコロないから大丈夫』と言った。

多分2人ともBARで飲むのが好き。話していくうちに色んなBARの名前が出てくる。
話を聞くとお互いに1人飲みをする共通点もあった。

時々森本さんと3人の会話になるのもとても心地良かった。飲むペースも、音も、スロースローに優しく身体に入ってくる。

もう2人とも気づいていた。
前回のBARも、今回のBARも。

『大人の時間を演出させられている』
やはり『私』はすごいな。

この日、初めて時計を見たのは、0時を回ってからだった。

慌ててお会計を済ませ店を出た。

『次回は名古屋になるね』
『名古屋は、タクシーの運転手に観光案内お願いしたら、名古屋城くらいしかないと言われたからやめとくわ笑 大阪ならいいけどね』

『じゃあ大阪で』

数日後には東京を離れてしまう人が確かに目の前にいる。

終電を気にしながらなんとか新宿駅まで着いたわたしたちは、しばしお別れのハグをした。

『じゃあ』
別々の方向に急ぐわたしたちの頭はすでに明日に向かっていた。

時間を巻き戻さない。
それがオトナのデート。





関連記事
スポンサーサイト

Comment

ですよね。
それが、ルール。

2014.10.03(Fri) 01:43       道草 さん   #-  URL       

Re:

さすがオトナの夜会主催者^ ^

2014.10.06(Mon) 11:53       ひろこ さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。